Visual Studio 2010でVSTOアドインのインストーラー(msi)を作成する

下記Webページを元にVisual Studio 2010でVSTOアドインのインストーラーを作成してみます。

「Deploying a Visual Studio 2010 Tools for Office Solution Using Windows Installer」
http://msdn.microsoft.com/en-us/vsto/ff937654.aspx

  1. 「新しいプロジェクト」から新規プロジェクトを作成します(今回は「Excel 2010 アドイン」(名前:SampleExcelAddIn))。
  2. メッセージボックスを表示するだけの簡単なコードを書き一旦ビルドします。
  3. ファイルメニューの「追加」から新しいプロジェクトを追加します。
  4. その他のプロジェクトの種類 > セットアップと配置 > Visual Studio インストーラー から「セットアップ プロジェクト」を選択し、名前を「SampleExcelAddInSetup」とします。
  5. ソリューション エクスプローラーから「SampleExcelAddInSetup」を右クリックし、メニューの「追加」から「プロジェクト出力」を選択します。
  6. 「プロジェクト出力グループの追加」ダイアログが表示されるので、プロジェクトが「SampleExcelAddIn」、「プライマリ出力」になっていることを確認して「OK」ボタンをクリックします。
  7. ソリューション エクスプローラーから「SampleExcelAddInSetup」を右クリックし、メニューの「追加」から「ファイル」を選択します。
  8. 手順2.でビルドしたアドインのReleaseフォルダから「SampleExcelAddIn.vsto」ファイルと
    「SampleExcelAddIn.dll.manifest」ファイルを選択して、「開く」ボタンをクリックします。
  9. ソリューション エクスプローラーのSampleExcelAddInSetup > 見つかった依存関係 から「Microsoft .NET Framework」と「*.Utilities.dll」以外を選択し、右クリックメニューから「除外」を選択します。
  10. ソリューション エクスプローラーから「SampleExcelAddInSetup」を右クリックし、メニューの「プロパティ」を選択します。
  11. プロパティ ページダイアログから「必須コンポーネント」をクリックします。
  12. 「必須コンポーネント」ダイアログが表示されるので、「必須コンポーネントをインストールするセットアップ プログラムを作成する(C)」「Microsoft .NET Framework 4 Client Profile (x86 および x64)」「Windows インストーラー 3.1」「必須コンポーネントをコンポーネントの開発元の Web サイトからダウンロードする(O)」をチェックして、「OK」ボタンをクリックします。
  13. プロパティ ページダイアログに戻るので、そのまま「OK」ボタンをクリックします。
  14. ソリューション エクスプローラーから「SampleExcelAddInSetup」を右クリックし、メニューの「表示」から「レジストリ」を選択します。
  15. 「HKEY_CURRENT_USER\Software」「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software」以下にある「[Manufacturer]」キーを削除します。

  16. 「ユーザー/コンピューター ハイブ」以下に新しく「Software」キーを追加します。

  17. 手順16.で追加した「Software」キー以下に「Microsoft」キーを追加します。

  18. 同様に「Microsoft」キー以下に「Office\Excel\Addins\SampleExcelAddIn」キーを追加します。
  19. 「SampleExcelAddIn」キー内で右クリックし、メニューの「新規作成」から「文字列の値」を選択します。
  20. 追加した値の名前を「Description」にします。
  21. 同様の手順で「FriendlyName(文字列の値)」「LoadBehavior(DWORD値)」「Manifest(文字列の値)」を追加します。



  22. 「Description」「FriendlyName」「LoadBehavior」「Manifest」の値を次のようにします。
    • Description:SampleExcelAddIn
    • FriendlyName:SampleExcelAddIn
    • LoadBehavior:3
    • Manifest:[TARGETDIR]SampleExcelAddIn.vsto|vstolocal
    • ※ ([TARGETDIR]手順8.で追加したvstoファイル|vstolocal)




  23. ソリューション エクスプローラーから「SampleExcelAddInSetup」を右クリックし、メニューの「ビルド」を選択します。

ビルドが成功すれば作業終了です。
セットアッププロジェクトの「Release」フォルダに出力された「setup.exe」を実行すると、アドインのインストールが始まります。






インストール後Excelを起動すると、インストールしたアドインが機能していることが確認できます。

今回は行っていませんが、起動条件やカスタム動作の設定を行うことでインストーラの動作をより細かく設定することができます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。